開運厄除け〜京都の神社・お寺

八坂神社(やさかじんじゃ)

開運厄除け〜八坂神社開運厄除け〜八坂神社開運厄除け〜八坂神社

ご利益

開運厄除け〜八坂神社

開運厄除、病気平癒、縁結び、学業成就、商売繁盛

歴史

656年に神霊をこの地に祀ったのが始まりとされている。 以来「祇園さん」と人々に親しまれている。

見所

祇園祭…京都三大祭の一つで、豪華な山鉾の行列で有名。毎年7月に催される。

をけら詣…大晦日には無病息災を願う参拝者が集う。

アクセス

住所 〒605-0073 京都市東山区祇園町北側625 075-561-6155

アクセス:京都駅前市バス206番、祇園バス停下車。

吉田神社(よしだじんじゃ)

開運厄除け〜京都の神社・お寺開運厄除け〜京都の神社・お寺開運厄除け〜京都の神社・お寺

ご利益

開運厄除け〜京都の神社・お寺開運厄除け〜京都の神社・お寺

開運厄除、方除成就、勝運祈願、交通安全、学業成就など

歴史

都の守護神として、859年(貞観元年)創建された。

見所

節分祭…古くは室町時代から行われている厄払いの行事。毎年厄年にあたる人々が全国より厄除けに集う。

大元宮…このお宮様には全国の八百万神様がお祀りされており、ここを参拝することにより、全国の神様をお参りしたことになる。

アクセス

住所 〒606-7311 京都市左京区吉田神楽岡町30 075-771-3788

アクセス:京都駅前市バス206番、東一条バス停下車徒歩7分

紫式部が「源氏物語」を執筆した【廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)】

ご利益

開運厄除、福寿増長

歴史

938年(天慶元年)、北山に創建されたが、1571年(元亀2年)現在地に移築された。

見所

紫式部がここで育ち、「源氏物語」の大部分のを執筆された寺院。

節分会…人間が持つ3種類の煩悩がそれぞれ赤・青・黒の三鬼となって出現し、それを護摩兵が追い払ってくれる。開運厄除、福寿増長を祈願する京都の冬を代表する行事。

源氏の庭…静寂に包まれた、美しい庭園。6月から9月半ばまでは桔梗が咲き、風情をかもし出す。

アクセス

住所 〒602-0844 京都市上京区寺町広小路上ル 075-231-0355

アクセス:京都駅前市バス205番、府立医大病院前バス停下車。徒歩3分

長建寺

ご利益

商売繁盛、開運厄除、諸芸上達など

歴史

1699年(元禄12年)に、伏見の奉公建部内匠守が、弘法大師の作品とされる弁才天様を現在のこの場所に移し、長建寺を建てたと伝えられている。

見所

古銭のお守り」「和歌になったおみくじ」「土鈴」 この3つは、長建寺にしかないものとして有名。夏に弁天祭がおこなわれる。

アクセス

住所 〒612-8211 京都市伏見区東柳町311 075-611-1039